e-ふらっとの名前の由来

恵庭市障がい者総合相談支援センターの愛称“e-ふらっと”は、 「e」→恵庭(Eniwa)のイニシャル,良い(いい)サービス、良いまちづくりのため「ふらっと」→だれでもふらっと立ち寄れる,平ら(ノーマライゼーション)の意味を込めて

センターが、誰でも、気軽に、ふらっと立ち寄って、相談できる場所になるよう、 そして、障がいのある人もない人も、共に良い人生を過ごせる恵庭のまちを目指して活動しています。

e-ふらっとのあゆみ

● 平成19年6月
障害者自立支援法のなかの市町村事業である相談支援事業を、恵庭市からの委託を受けて開所しました。


● 平成19年度
3人の相談員でスタート、センターの周知や障がいに関連するさまざまなネットワークづくりの活動をしました。


● 平成20年度
増加する相談件数への対応に加え、各種の事業や研修への参加協力を行いました。

恵庭障がい者総合相談支援センター e-ふらっと(住所:恵庭市末広町155番地)